教員採用試験

教員採用試験 説明会に行くべき時期とは!

教員採用試験 説明会には行くべき?行かないべき?

 教員採用試験の説明会には参加したほうがいいのか?

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

教員採用試験の説明会は都道府県ごとに数回実施しています。

説明会では、

  • 試験概要
  • 求める教員像
  • 自治体の教育方針
  • 質疑応答

と、いった内容でおこなわれることが多いです。

早い自治体だと11月頃から説明会をしているので教育委員会のホームページなどで情報を確認しましょう。

教員採用試験 説明会はいつあるの?

教員採用試験の説明会は2~3回に分けて実施されることが多いです。

主な開催時期は下記の3つ。

  • 11月~1月
  • 2月~3月
  • 4月~5月

教員採用試験 説明会 11月~1月、2月~3月

この時期の説明会はあまり参加する必要はありません!

理由は試験が終わった直後の説明会では、試験の総括について説明をすることが多いからです。

試験まで半年以上ありますので、来年度の試験要綱はないですからね。

試験の総括くらいであれば本ブログを見たほうが詳しく書いてありますし、情報量も多いです!

この時期の説明会は教育委員会主導の説明会ではなく、大学や予備校での開催が多いですね。予備校の場合、学生でなくても参加できることがあるので予備校のホームページを確認してみましょう。

今年は「資格の学校TAC」や「東京アカデミー」で教育委員会の説明会がされているようです。

教員採用試験 説明会 4月~5月

時間をみつけて参加しましょう!

この時期になると新しい実施要綱が出来上がっているので、受ける試験の情報や実施要綱を手に入れることができます。

多くが教育委員会主導の説明会になるので、情報量も教育委員会のやる気もありますよ!

試験に関する踏み込んだ話は聞くことができないと思います。でも、質疑応答の時間があるので気になることは解決できるかもですよ。

SPONSERD LINK

教員採用試験 説明会の服装

大学や予備校が主導の説明会であれば自由、それ以外はスーツと考えましょう!

大学や予備校の場合、通常講義のあとにイベントを組んでいることが多いです。参加者の多くが通学している学生なので私服は多いです。

一方で教育委員会が主導している説明会で私服の参加者はほぼゼロです。たまに私服の参加者もいますが、とても目立ちますね・・・。

もちろん、私服だから採用試験で不利になることはありませんのでご安心を。基本的に説明会担当者と試験の担当者は別ですし、いちいち覚えていませんよ。

終わりに

説明会はあくまで試験の流れや実施内容についての話がメインです。

たまに試験の攻略法や面接試験で聞かれることを教えてほしいという質問をする受験者がいます。答えてくれないので本ブログを参考にしておきましょう。

一部の自治体について情報配信「教員採用試験 情報配信中の都道府県・政令市一覧」をしています。

教員採用試験 県別 難易度
教員採用試験 情報配信中の都道府県・政令市一覧教員採用試験情報ブログ「Road to Success」では、全国31都市の教員採用試験情報を配信しています。 配信している内容は...

ぜひ、参考にしてくださいね。

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。