教員採用試験

【2020年版】教員採用試験の流れ|これから受験する人へ

教員採用試験の流れ
未来の教師
未来の教師
これから教員を目指します!採用試験について流れを知りたい

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

この記事は教員採用試験の流れについて詳細をまとめています。

こんなツイートをしました。

教員採用試験は出願から最終合格まで長い期間を要します。

対策をはじめるには計画が必要です。でも、しっかりと流れを把握しておかないと計画は立てられないですよね。

見通しを立てる能力は今後も必要になってきますよ。

これを深堀します。

教員採用試験は毎年1回、夏に全国で行われます。

試験の日程も内容も都道府県によって違うため、受験勉強をはじめる前に流れを確認しておきましょう。

【2020年度】教員採用試験 日程一覧まとめ2020年(平成32年度、令和2年度)の試験日程をまとめました!併願や受験先の試験日を確認して対策をしましょう!...

教員採用試験の流れ

教員採用試験は7月~9月にかけて試験が実施されます。

試験内容は、

  • 筆記試験
  • 面接試験
  • 実技試験

など多くの試験が課されています。

これらを総合的に評価され最終合格者を決めるんですね。

教員採用試験の主な流れは次のとおり。

教員採用試験の流れ
  • 3月~5月
    募集要項の配布

    例年、3月~5月に試験の内容や日程、採用人数などの募集(実施)要項が発表されます。

    試験日程や試験内容が大幅に変わることがあるため、必ず確認しましょう。

    募集(実施)要項の発表や配布は、各教育委員会で違います。最近は配布をせず、ホームページ上からダウンロードさせる県も増えています。

    自治体ごとの要綱配布日は後述しています。

  • 4月~6月
    願書の提出

    募集(実施)要項に『出願書類』がついています。

    この出願書類を教育委員会へ提出しなければ、教員採用試験を受験することができないため注意が必要です。

    主な提出書類は

    • 履歴書
    • 志望書(面接カード)

    が、あります。

    最近は、電子申請を取り入れている県が増加しています。

    その場合は「住所」「学歴」「職歴」などシンプルな場合が多いです。

    志望書を提出する都道府県は面接試験で志望書が利用されることが多いため、時間をかけて丁寧に書くようにしましょう。

  • 7月
    1次試験

    教員採用試験の1次試験は7月ころ全国で実施されます。

    試験は「関東ブロック」「関西ブロック」のように全国を7つのブロックに分けて実施されるため、日程が違っていれば複数の試験を受験することができます。

    1次試験の試験内容は都道府県によってバラバラですが、

    • 教養試験
    • 専門教養
    • 集団面接
    • 論作文

    あります。

    各試験の特徴や攻略法を別記事にまとめています。あわせて確認しましょう。

  • 8月~9月
    2次(3次)試験

    多くの都道府県が2次試験までの結果で最終合格を決めます。(沖縄県や大阪府など3次試験がある地区もあります。)

    1次試験と同じように、試験内容は都道府県によってバラバラです。

    試験日程は8月~9月にかけて実施する県が多い。

    主な2次試験の試験内容は、

    • 個人面接
    • 集団討論
    • 模擬授業/場面指導
    • 指導案作成

    などがあります。

    多くの都道府県が面接試験重視の選考を行っているため、時間をかけて対策をしなければいけない試験です。

  • 10月~
    最終合格

    すべての試験が終わり10月~最終合格発表がおこなわれます。

    合格後は自治体によって健康診断や研修が行われ、4月1日から勤務校にて仕事がはじまります。

SPONSERD LINK

教員採用試験 募集(実施)要項の公表・配布日程

各県の配布時期は、

地区 配布日 地区 配布日
北海道 4月中旬 三重県 5月中旬
札幌市 4月中旬 滋賀県 5月中旬
青森県 4月下旬 京都府 4月上旬
岩手県 4月上旬 京都市 4月上旬
宮城県 4月中旬 大阪府 4月上旬
仙台市 4月上旬 豊能地区 4月上旬
秋田県 5月中旬 大阪市 3月下旬
山形県 5月中旬 堺市 4月上旬
福島県 4月中旬 兵庫県 4月下旬
茨城県 5月上旬 神戸市 3月下旬
栃木県 4月上旬 奈良県 5月上旬
群馬県 4月上旬 和歌山県 4月下旬
埼玉県 3月下旬 鳥取県 5月中旬
さいたま市 3月下旬 島根県 4月下旬
千葉県 3月中旬 岡山県 4月中旬
千葉市 3月中旬 岡山市 4月中旬
東京都 3月下旬 広島県 4月中旬
神奈川県 4月中旬 広島市 4月中旬
横浜市 4月上旬 山口県 5月中旬
川崎市 4月上旬 徳島県 4月下旬
相模原市 4月上旬 香川県 5月上旬
新潟県 4月下旬 愛媛県 5月下旬
新潟市 4月下旬 高知県 3月中旬
富山県 5月上旬 福岡県 5月中旬
石川県 4月下旬 福岡市 4月下旬
福井県 5月中旬 北九州市 5月中旬
山梨県 5月上旬 佐賀県 5月中旬
長野県 4月下旬 長崎県 5月中旬
岐阜県 5月下旬 熊本県 5月中旬
静岡県 4月上旬 熊本市 5月中旬
静岡市 4月上旬 大分県 5月中旬
浜松市 4月上旬 宮崎県 5月上旬
愛知県 4月下旬 鹿児島県 5月上旬
名古屋市 5月上旬 沖縄県 3月中旬

と、なっています。

参考にしてください。

教員採用試験の流れまとめ

教員採用試験に合格するには計画を立てることが必要です。

日程を前もって知っておけば、いつまでに何をすればいいのか考えることができますよね。

それができれば、対策も楽に進めることができますよ。

まずは筆記試験の対策を進めていきましょう。

教員採用試験 合格点(ボーダーライン)は低い?平均点以上をとる方法を伝授教員採用試験の合格点(ボーダーライン)ってどれくらいなの?満点が必要ならとても難関な試験ですよね。でも、現実は〇点でOKです。その理由や具体例を紹介していきます。...
教員採用試験 一般教養の勉強法
教員採用試験 一般教養の勉強法まとめ|傾向と対策教員採用試験で実施される一般教養について傾向や特徴、勉強方法をまとめています。また、一般教養がない県についても紹介。一般教養の対策に悩んでいる受験者必見の内容です。...
ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。