教員採用試験

教員採用試験 面接で必要な教職教養の知識とは

教員採用試験 教職教養
2次を待つ人
2次を待つ人
1次試験に合格して2次試験は面接だけ。教職教養の勉強はつづけたほうがいいの?

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

こんなツイートをしました。

2次試験が面接のみだからって教職教養の勉強をやめていませんか?

面接でも結構、教職の知識は必要だったりしますよ。それでも勉強しませんか?

これについて見解を書いていきます。

これから2次試験に向けて対策をしていく人の参考になると思いますよ。

教員採用試験 新学習指導要領の知識は面接でも必要か?新学習指導要領って面接にでるのかなって思っている人へ。本記事は新学習指導要領の面接試験対策についてまとめています。質問内容や勉強法が知りたい人必見の内容です。...

2次試験でも教職教養は必要なのか?

結論からいえば、2次試験(面接試験)でも教職教養は必要です。

理由は、面接で教職に関する知識を問われるからです。

例えば、こんな質問がされています。

  • いじめの重大事項について知っていることを教えてください。
  • 学習指導要領で変わったポイントはどこですか。
  • インクルーシブ教育システムについて知っていることを教えてください。
  • いじめの定義を教えてください。

面接対策といえば必死に自己PRや志望動機を考えるだけだと思っている人は多いです。

でも、自己PRや志望動機をがんばって考えても、こういった質問に答えることはできないですよね。

面接で聞かれる教職の知識は知っていて当然?

面接試験で聞かれる知識は、いってしまえば教員として当然知っておくべきことを聞いてきます。

知っておいて当然の知識に答えることができなかったらどう思いますか?

「この人は本当に教員になりたいんだろうか・・・」って思われますよね。

だからこそ、教職教養の勉強は筆記試験がなくてもやっておくべきなのです。

いじわるな自治体だと、

  • 教育基本法第1条について教えてください
  • いじめ防止対策推進法25条を言ってください

と、いった質問をしていることもありますよ。

SPONSERD LINK

面接でよく聞かれる教職のテーマ

面接試験しかなくても、教職教養の勉強はします。

でも、筆記試験対策のようにガッツリ勉強する必要はありません

理由は、面接で質問される、必要な教職の知識は限られているからです。

面接試験でよく聞かれる教職のテーマは次のとおり。

  • 学習指導要領
  • いじめ
  • 不登校
  • 生徒指導
  • 学校教育法
  • 教育基本法

今年はニュースでも話題になっていた、

  • 児童虐待
  • 体罰

はトレンドとして押さえておきたいテーマです。

その他、

  • アクティブラーニング
  • PDCAサイクル
  • 主体的・対話的で深い学び
  • ICT教育
  • プログラミング学習
  • 小学校での英語

についても昨年と同じく出題されるでしょうから、自分の教育観を混ぜ込みながら考えておきましょう。

教員採用試験 一般常識の問題
教員採用試験 一般常識で問われる?知っておくべき知識とは一般教養で「一般常識」や「雑学」の出題があります。参考書がないから勉強しにくいと悩んでいる人必見!出題率の高い項目をまとめています。...

総合的に勉強した人が合格する

筆記試験で教職教養の点数が高い人は面接試験でも高評価が取れる傾向にあります。

理由は教職教養をきちんと覚えているから。

きちんと覚えるとは丸暗記ではなく、自分の言葉で説明できるくらい覚えているということです。

逆に落ちてしまう人は教職教養が苦手、勉強しなくなる人です。

1次試験が終わってホッとする気持ちはわかりますが、最終合格までもう一度、気を引き締めていきましょう!

あと少しで合格です!

教員採用試験 1次試験が免除
教員採用試験 1次試験免除でも教職教養は勉強したほうがいい理由教員採用試験で1次試験(筆記試験)が免除の人へ。一般選考に比べて勉強の負担が減るので対策はしやすいと思いますか?もし、そう思うなら黄色信号です。実は筆記試験がなくても教養試験の知識は必要です。...
ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。