京都府教員採用試験

京都府教員採用試験 倍率を確認すること=合格への近道

京都府教員採用試験 倍率をまとめています。
関西地方で教員になりたいです。京都府が気になるのですが、倍率は高いですか?

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

この記事は京都府教員採用試験の倍率をまとめています。

本記事を読むメリット
  • 京都府の最新倍率が分かる
  • 1次試験、2次試験ごとの倍率を知れる
  • 校種・科目ごとの倍率を見れる

倍率を知っておくことは合格の可能性をしるために必要です。

受験する科目によっては、

  • 1次試験の倍率 5倍
  • 2次試験の倍率 2倍

ということがあります。

この場合1次試験の突破に時間をかけた方が最終合格しやすいと思いませんか?

まずは倍率を確認して、合格するための可能性を知りましょう。

京都府教員採用試験の傾向をまとめました。
京都府教員採用試験 合格への道~試験情報まとめ~京都府の教員を目指すあなたへ。本記事は京都府教員採用試験の試験日程、内容、倍率、試験傾向、年齢制限、採用数、特別選考、求める教員増などの試験まとめ記事です。...

京都府教員採用試験 2018年(平成31年度) 倍率の講評

2018年(平成31年度)の最終倍率は5.4倍でした。

過去の倍率推移をみると、

  • 2016年 6.1倍
  • 2017年 6.8倍
  • 2018年 5.4倍

で、一気に下がったことがわかりますね。

参考として同じ関西圏の自治体と比較すると、

  • 京都市 6.1倍
  • 大阪府 5.6倍
  • 大阪市 3.7倍
  • 兵庫県 6.7倍
  • 神戸市 5.8倍

で、合格しやすかったことがわかりますね。

校種・科目ごとの最終倍率は、

校種 受験数 合格数 倍率
小学校 555 144 3.9
中学校 559 92 6.1
高等学校 701 90 7.8
特別支援 153 44 3.5
養護教諭 83 14 5.9
栄養教諭 40 5 8.0
全体 2091 389 5.4
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 55 16 3.4
社会 115 12 9.6
数学 76 11 6.9
理科 57 10 5.7
音楽 16 4 4.0
美術 10 5 2.0
保健体育 131 12 10.9
技術 4 2 2.0
家庭 5 1 5.0
英語 90 19 4.7
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 78 19 4.1
地歴公民 128 16 8.0
数学 102 15 6.8
理科 91 9 10.1
保健体育 150 9 16.7
音楽 12 2 6.0
美術 20 2 10.0
英語 76 10 7.6
家庭 10 2 5.0
農業 13 2 6.5
工業 11 2 5.5
商業 10 2 5.0

と、なっています。

志望する校種・科目の倍率を見て現状を知っておきましょう。

SPONSERD LINK

京都府教員採用試験 試験ごとの倍率

京都府は1次試験に重きを置いた対策が必要です。

理由は2次試験に比べて1次試験の倍率が全校種・科目で高い傾向にあるからです。

逆にいえば1次試験さえ突破できれば合格はしやすくなるともいえそうです。

京都府教員採用試験 1次試験の倍率

1次試験の平均倍率は2.6倍です。

他の自治体と比較してみると

  • 大阪府 1.4倍
  • 大阪市 2.0倍
  • 神戸市 2.3倍

1次試験の倍率は高いことがわかりますね。

まぁ、京都市4.2倍に比べると合格はしやすいのかな・・・と思いますが。

まずは自分の受験する科目の倍率を知っておきましょう。

校種 受験数 合格数 倍率
小学校 555 288 1.9
中学校 559 187 3.0
高等学校 701 189 3.7
特別支援 153 88 1.7
養護教諭 83 30 2.8
栄養教諭 40 10 4.0
全体 2091 792 2.6
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 55 26 2.1
社会 115 25 4.6
数学 76 24 3.2
理科 57 20 2.9
音楽 16 7 2.3
美術 10 6 1.7
保健体育 131 34 3.9
技術 4 3 1.3
家庭 5 3 1.7
英語 90 39 2.3
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 78 33 2.4
地歴公民 128 34 3.8
数学 102 25 4.1
理科 91 20 4.6
保健体育 150 23 6.5
音楽 12 5 2.4
美術 20 5 4.0
英語 76 25 3.0
家庭 10 5 2.0
農業 13 5 2.6
工業 11 4 2.8
商業 10 5 2.0
京都府教員採用試験 教養試験のまとめを書いています。
京都府教員採用試験 教養試験の完全まとめ。重要科目は○○京都府の教員を目指す人へ。教養試験の傾向、出題内容、科目、過去問、難易度、合格点(ボーダーライン)をまとめています。これから勉強をはじめる人は必見の内容です。...

京都府教員採用試験 2次試験の倍率

2次試験の平均倍率は2.0倍です。

1次試験2.6倍に比べれば合格はしやすいといえますね。しかし、2倍を超えている以上、気を緩めてはいけませんよ。

校種 受験数 合格数 倍率
小学校 288 144 2.0
中学校 187 92 2.0
高等学校 189 90 2.1
特別支援 88 44 2.0
養護教諭 30 14 2.1
栄養教諭 10 5 2.0
全体 792 389 2.0
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 26 16 1.6
社会 25 12 2.1
数学 24 11 2.2
理科 20 10 2.0
音楽 7 4 1.8
美術 6 5 1.2
保健体育 34 12 2.8
技術 3 2 1.5
家庭 3 1 3.0
英語 39 19 2.1
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 33 19 1.7
地歴公民 34 16 2.1
数学 25 15 1.7
理科 20 9 2.2
保健体育 23 9 2.6
音楽 5 2 2.5
美術 5 2 2.5
英語 25 10 2.5
家庭 5 2 2.5
農業 5 2 2.5
工業 4 2 2.0
商業 5 2 2.5
京都府教員採用試験 面接試験をまとめました。
京都府教員採用試験 面接試験の完全マニュアル京都府の面接試験は「個人面接」「集団面接」「教育実践力テスト(模擬授業、集団討論)」が実施される。傾向や質問内容、テーマを確認して準備をはじめましょう!...

京都府教員採用試験 過去の倍率

京都府教員採用試験 倍率

京都府教員採用試験 倍率のまとめ

京都府の倍率を確認してきましたが、中学・高校は科目によって差がありますね。

どの試験もそうですが傾向をつかんで勉強することで少ない時間でも効果をだすことができます。

京都府教員採用試験 小論文の傾向
京都府教員採用試験 小論文 合格にはB評価以上が必要京都府の先生になりたい人必見。1次試験の小論文が苦手で困っていませんか?本記事は小論文の傾向や評価ポイント、過去問を解説しています。これから京都府教員採用試験を受験する人はご覧ください。...
ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。