宮城県

宮城県教員採用試験 倍率を確認することが大切な理由

 宮城県の教員になりたいけど、倍率(競争率)って高い?

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

本記事の内容は

  1. 2018年(平成31年度)の倍率講評
  2. 1次試験の倍率
  3. 2次試験の倍率
  4. 過去の倍率

です。

志望先の倍率を知ることは大切なことって知っていますか?

理由は、倍率を知ることで合格の可能性や対策方法が変わるからです。

例えば、2018年(平成31年度) 保健体育の最終倍率は12.9倍でした。とても高倍率ですよね。

細かく見ていくと1次試験の倍率は5.0倍、2次試験の倍率は2.6倍という結果がでており、1次試験(筆記試験)の攻略が1番重要だとわかります。つまり、保健体育に合格しようとするなら筆記試験対策に時間を多くかける必要があるわけですね。

このように倍率を知ることで「どんな対策が必要なのか」を知ることができます。

本記事を参考にして、どの対策に力をいれるべきか考えていきましょう。学習方針が決まるはずですよ。

宮城県教員採用試験 2018年(平成31年度) 倍率

2018年の最終倍率は5.5倍でした。

昨年の倍率は6.1倍だったので下がっていることがわかりますね。

東北地方や仙台市と比べてみると、

  • 仙台市 3.0倍
  • 山形県 2.9倍
  • 岩手県 3.7倍
  • 福島県 4.7倍

と、なっており宮城県は高い倍率であることがわかります。

校種・科目ごとの倍率は、

校種 受験数 合格数 倍率
小学校 480 165 2.9
中学校 748 99 7.6
高等学校 496 59 8.4
養護教諭 111 9 12.3
栄養教諭 26 5 5.2
全体 1861 337 5.5
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 42 11 3.8
社会 130 16 8.1
数学 99 9 11.0
理科 47 7 6.7
音楽 36 6 6.0
美術 34 7 4.9
保健体育 258 20 12.9
技術 8 4 2.0
家庭 16 6 2.7
英語 78 13 6.0
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 57 8 7.1
地理歴史 60 6 10.0
公民 44 2 22.0
数学 92 8 11.5
理科 80 9 8.9
農業 15 4 3.8
商業 30 4 7.5
工業 20 2 10.0
英語 61 8 7.6
水産 4 1 4.0
情報 22 3 7.3
看護 2 2 1.0
福祉 9 2 4.5
SPONSERD LINK

宮城県教員採用試験 1次試験の倍率

1次試験の平均倍率は2.4倍でした。

1次試験に重きをおいて試験対策をする必要がある科目は、

  • 中学社会
  • 中学数学
  • 中高保健体育
  • 中学英語
  • 高校国語
  • 養護教諭

です。

2次試験よりも1次試験の倍率が高い傾向にあります。

校種・科目ごとの倍率は、

校種 受験数 合格数 倍率
小学校 480 319 1.5
中学校 748 233 3.2
高等学校 496 199 2.5
養護教諭 111 24 4.6
栄養教諭 26 14 1.9
全体 1861 789 2.4
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 42 22 1.9
社会 130 37 3.5
数学 99 21 4.7
理科 47 24 2.0
音楽 36 18 2.0
美術 34 21 1.6
保健体育 258 52 5.0
技術 8 6 1.3
家庭 16 11 1.5
英語 78 21 3.7
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 57 17 3.4
地理歴史 60 27 2.2
公民 44 12 3.7
数学 92 24 3.8
理科 80 33 2.4
農業 15 10 1.5
商業 30 16 1.9
工業 20 13 1.5
英語 61 21 2.9
水産 4 4 1.0
情報 22 11 2.0
看護 2 2 1.0
福祉 9 9 1.0

と、なっています。

宮城県教員採用試験 2次試験の倍率

2次試験の平均倍率は2.3倍でした。

結果だけ見ると1次試験、2次試験ともにバランスよく選考する傾向があるようですね。でも、科目ごとにみると必ずしもそうとは限りません。

校種・科目ごとの倍率は、

校種 受験数 合格数 倍率
小学校 319 165 1.9
中学校 233 99 2.4
高等学校 199 59 3.4
養護教諭 24 9 2.7
栄養教諭 14 5 2.8
全体 789 337 2.3
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 22 11 2.0
社会 37 16 2.3
数学 21 9 2.3
理科 24 7 3.4
音楽 18 6 3.0
美術 21 7 3.0
保健体育 52 20 2.6
技術 6 4 1.5
家庭 11 6 1.8
英語 21 13 1.6
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 17 8 2.1
地理歴史 27 6 4.5
公民 12 2 6.0
数学 24 8 3.0
理科 33 9 3.7
農業 10 4 2.5
商業 16 4 4.0
工業 13 2 6.5
英語 21 8 2.6
水産 4 1 4.0
情報 11 3 3.7
看護 2 2 1.0
福祉 9 2 4.5

と、なっています。

宮城県教員採用試験 倍率の推移

宮城県教員採用試験 平成28年、29年、30年の倍率

終わりに

倍率がすべてではありませんが、合格の目安にはなると思います。

やはり倍率が高い科目を受験する人は早い時期からの対策が必要です。ただ、闇雲に対策するのではなく、試験の傾向を理解して対策するようにしましょう。

本ブログでは宮城県の試験情報を、

と、いった情報記事を配信しています。

ぜひ、参考にしてください。

ABOUT ME
福永 真
大学卒業後、9年間中学・高校の社会科教諭として勤務。家庭の事情で退職後、某出版社へ就職。教員採用試験の担当を7年経験して41歳で独立。現在、大学や短大で今までの経験を活かし、教職アドバイザーとして活動中。高校受験の家庭教師もやっています。