名古屋市教員採用試験

名古屋市教員採用試験 小論文はテーマ設定が100%重要

名古屋市教員採用試験 小論文の傾向

 名古屋市の教員を目指しています。「小論文」ってあるけど、どんな試験なの?傾向や過去問なんかみたいな・・・。

と、いった悩みを解決します。

どうも、福永です。

この記事は名古屋市教員採用試験で実施される「小論文」の傾向を書いています。

具体的な内容はこちら。

小論文について知識がない人、苦手な人に役たつ内容となっています。

筆記試験や面接試験が良くできても、小論文で不合格になる人は一定数います。

それだけ対策が難しい試験といえます。

評価を落とさないためにも本記事を参考に傾向を把握していきましょう。

名古屋市教員採用試験 合格までのサクセスストーリー

名古屋市教員採用試験 小論文試験の基礎知識

実施 1次試験
試験時間 60分
字数 無制限
出題数 1題
形式 横書き(横線のみ)
評価 A~Eの5段階

小論文は出題されたテーマについて、自分の考えを書く試験です。

当然、自分の考えを書くだけでは評価は上がらず、実体験や客観的データを書き論理的に書き上げる必要があります。

名古屋市教員採用試験 小論文の評価観点

論文を書くときには3つのポイントを押さえておきましょう。

  1. 問題意識
  2. 教育的資質
  3. 表現力

問題意識

  • テーマを上手に読み取って、自分自身の体験や社会的・教育的背景に絡ませながら書くことができているか。
  • 自分の経験を踏まえて豊かな発想力や向上心・熱意を表すことができているか。

教育的資質

文章を通して、教育に対する情熱や使命感、豊かな人間性を感じることができる文章になっているか。

表現力

「文章構成」「内容」「字句の使い方」「丁寧さ」「楷書」が適切で、読みやすい表現・文章となっているか。

教員採用試験 文章【論文】【出願書類】を書くコツは「型」を作ること!

SPONSERD LINK

名古屋市教員採用試験 小論文試験の傾向

名古屋市の小論文は「抽象論」で出題されています。

自治体によって出題傾向は違っており、「教育(師)論」「生徒指導」「専門教養」「抽象論」の4つから出題されることが多いです。

抽象論を辞書で調べると「具体的な手段や方法の裏付けのない理論」と書いてあります。名古屋市のテーマもまさにこの通りでして、「具体的なことが書いていない」テーマが出題されます。

例えば2018年(平成31年度)のテーマは「変化」。

これのみです。

これだけで書くの?と思った人もいるかもしれませんので、もう少し付け足しておくと、

「変化」という言葉から想定されるテーマを設定し、テーマ設定の理由を記述しなさい。その後、あなた自身の具体的な体験とあなたの教育観を関わらせて論述しなさい。

テーマを設定する=自分で決める

名古屋市の小論文は1000人の受験者がいれば、1000通りのタイトルができるということです。

理由は自分でテーマを設定するから

普通の論文試験は決められたテーマについて、受験者全員が解答しますよね。でも、先述したように「変化」を使って自分でタイトルを決めて書き始めます。

今までの経験や自分が1番言いたいことをテーマに設定して書けるように準備しましょう。

SPONSERD LINK



名古屋市教員採用試験 小論文の過去問

名古屋市教員採用試験 小論文の過去問(2018年)

「変化」という言葉から想定されるテーマをつくり、自分自身の体験や教育観とかかわらせて論述しなさい。

名古屋市教員採用試験 小論文の過去問(2017年)

「選択」という言葉から想定されるテーマをつくり、自分自身の体験や教育観とかかわらせて論述しなさい。

SPONSERD LINK



名古屋市教員採用試験 小論文の過去問(2016年)

「役割」という言葉から想定されるテーマをつくり、自分自身の体験や教育観とかかわらせて論述しなさい。

名古屋市教員採用試験 小論文の過去問(2015年)

「勇気」という言葉から想定されるテーマをつくり、自分自身の体験や教育観とかかわらせて論述しなさい。

名古屋市教員採用試験 小論文のポイント

文字数が無制限ってあるけど、どれくらい書いたらいいの?

一般的な論文試験でいうと60分なら800字~1000字程度となっていますので、これくらいを最大字数として書く練習をしましょう。

先日、下記ツイートをしています。

論文試験の字数で悩む人は多いですが、結論をいえば最大字数の9割は埋めましょう。理由は字数が少ないと評価対象外になることがあるからです。

実際、某市に不合格だった学生から成績の文章開示請求をみせてもらいましたが見事に論文の評価は真っ白。その時の字数は全体の75%ほど。論文評価はD。

つまり、最低800字を設定して書くなら720字以上書けないと評価が下がるということです。

どんな字数を設定してもいいですが、700字以下だと少なすぎて減点対象になる可能性がありますよ。

論文で気を付ける3つのポイント

  1. 誤字・脱字に注意する
  2. 丁寧に、見やすい字を心がける
  3. 文体の統一
SPONSERD LINK



誤字・脱字に注意

名古屋市の評価観点にもあるとおり「字句」について厳しくチェックされます。

せっかく良い内容の文章が書けていても、基本的なこと(誤字・脱字)ができていなければ総合評価をあげることは厳しいです。

スマートホンやPCによって字を書く機会って減っていますよね。漢字などのど忘れも起こる場合があるので日ごろから書く練習は必須です。

丁寧、きれいを心がける

試験官も人間ですから当然、感情があります。

雑に書かれた字、薄い字、消しゴムで何度も消されて汚れた論文用紙。あなたが採点者なら読みたいと思いますか?

私が試験官なら見る気もおきませんね。

見る気がおきない=採点されないわけですから最低評価になりますよね。見られる文字を意識して仕上げるようにしましょう。

文体の統一

論文は「常体」で書く練習をしましょう。

基本的には常体(だ、である調)で書くのがセオリーです。

最悪なのは混同させるパターン。評価は下がるので注意しましょう。

詳しくは「教員採用試験 論文試験のルール 常体と敬体はどっちがいいの?」を参考にしてください。

終わりに

小論文試験はただ文章を書ければ評価があがるわけではありません。

多くは本論(自分の実体験をもとに客観的データで論じる)が重要となります。そのため今まで何をやってきたのか、どんなことがしたいのかを考えておく必要があります。

また、筆記試験と違い解答は存在しません。言ってしまえばすべて正解なわけです。しかし、論じ方や経験は人それぞれなので評価は変わります。

一人では書けていても評価を付けるのは第三者です。つまり、成果を上げるには誰かの協力(添削してくれる人や環境)が必要な試験ということを覚えておきましょう。

教員採用試験 論作文で良い評価をもらうためのポイント&出題テーマ予想TOP5

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。