奈良県

奈良県教員採用試験 倍率で合格の可能性を判断しよう

 奈良県の採用試験って難易度は高いの?倍率が知りたいな・・・。

と、いった悩みを解決します。

どうも、福永です。

本記事の内容は、

  1. 2018年倍率の講評
  2. 1次試験の倍率
  3. 2次試験の倍率
  4. 倍率の推移

です。

合格する可能性を知るために倍率の確認は必要です。

10人に1人しか合格できないのか、3人に1人合格できるのかでは難易度が違いますよね。

例えば全国的に高倍率な高校保健体育。

2018年(平成31年度)は沖縄県の82倍が最高倍率でした。

 こんなん受かるわけないわ・・・

そう、とても難しいです。

でも同じ保健体育でも全国を探せば埼玉県のように5.6倍という低倍率な自治体もあるわけです。5.6倍なら十分合格する可能性は高くなりますよね。

まずは本記事を参考に受験する科目、校種の倍率を確認してください。

奈良県教員採用試験 2018年(平成31年度) 倍率の講評

最終倍率は5.3倍でした。

過去の倍率と比べると、

  • 2016年 6.2倍
  • 2017年 5.8倍
  • 2018年 5.3倍

で、年々さがっていることがわかりますね。

 近畿地方で奈良県はどのくらいの位置付け?

近畿地方の自治体と比べると、

・大阪府 5.6倍
・京都府 5.4倍
・兵庫県 6.7倍
・神戸市 5.8倍
・大阪市 3.7倍
・京都市 6.1倍

です。ほぼ同じ水準だとわかりますね。

校種、科目ごとの倍率は、

受験数 合格数 倍率
小学校 658 150 4.4
中学校 513 100 5.1
高等学校 382 43 8.9
特別支援 128 35 3.7
養護教諭 109 10 10.9
栄養教諭 29 6 4.8
合計 1819 344 5.3
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 49 16 3.1
社会 101 11 9.2
数学 61 15 4.1
理科 44 11 4.0
音楽 26 7 3.7
美術 19 7 2.7
保健体育 128 12 10.7
技術家庭 14 7 2.0
英語 71 14 5.1
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 39 6 6.5
地理歴史 62 3 20.7
数学 50 7 7.1
理科 40 7 5.7
音楽 7 1 7.0
美術 14 1 14.0
書道 14 1 14.0
保健体育 81 4 20.3
英語 47 8 5.9
家庭 3 1 3.0
農業 3 1 3.0
工業 11 1 11.0
商業 11 2 5.5

と、なっています。

科目によっては10倍を超えるものもあります。他自治体を受験して合格の可能性をあげることも考えておきましょう。

SPONSERD LINK

奈良県教員採用試験 1次試験の倍率

1次試験の平均倍率は2.1倍です。

奈良県は1次試験で約半分の受験者が不合格になるようですね。

同じ近畿地方の兵庫県3.3倍、京都府2.6倍、京都市4.2倍に比べると難易度は低めです。

校種、科目ごとの倍率は、

受験数 合格数 倍率
小学校 658 335 2.0
中学校 513 236 2.2
高等学校 382 148 2.6
特別支援 128 84 1.5
養護教諭 109 30 3.6
栄養教諭 29 14 2.1
合計 1819 847 2.1
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 49 35 1.4
社会 101 34 3.0
数学 61 33 1.8
理科 44 27 1.6
音楽 26 18 1.4
美術 19 12 1.6
保健体育 128 38 3.4
技術家庭 14 8 1.8
英語 71 31 2.3
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 39 19 2.1
地理歴史 62 12 5.2
数学 50 24 2.1
理科 40 22 1.8
音楽 7 4 1.8
美術 14 5 2.8
書道 14 5 2.8
保健体育 81 20 4.1
英語 47 21 2.2
家庭 3 3 1.0
農業 3 3 1.0
工業 11 4 2.8
商業 11 6 1.8

と、なっています。

奈良県教員採用試験 2次試験の倍率

2次試験の平均倍率は2.4倍です。

1次試験に比べて2次試験の方が高倍率ですね。これは人物試験重視の選考をとっていると予想できます。

筆記試験ばかりに気を取られているとダメだということです。

校種、科目ごとの倍率は、

受験数 合格数 倍率
小学校 323 150 2.2
中学校 229 100 2.3
高等学校 144 43 3.3
特別支援 83 35 2.4
養護教諭 29 10 2.9
栄養教諭 14 6 2.3
合計 822 344 2.4
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 31 16 1.9
社会 32 11 2.9
数学 33 15 2.2
理科 26 11 2.4
音楽 18 7 2.6
美術 12 7 1.7
保健体育 38 12 3.2
技術家庭 8 7 1.1
英語 31 14 2.2
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 18 6 3.0
地理歴史 12 3 4.0
数学 24 7 3.4
理科 21 7 3.0
音楽 4 1 4.0
美術 5 1 5.0
書道 5 1 5.0
保健体育 20 4 5.0
英語 20 8 2.5
家庭 3 1 3.0
農業 3 1 3.0
工業 4 1 4.0
商業 5 2 2.5

と、なっています。

奈良県教員採用試験 倍率の推移

奈良県教員採用試験 倍率の推移

終わりに

まずは受験する科目の最終倍率を確認しましょう。全体的な難易度がわかります。

確認できたら1次試験、2次試験の倍率を確認して、どの試験対策に時間をさくべきなのか、作戦を立てて勉強の準備をはじめましょう。

ABOUT ME
福永 真
大学卒業後、9年間中学・高校の社会科教諭として勤務。家庭の事情で退職後、某出版社へ就職。教員採用試験の担当を7年経験して41歳で独立。現在、大学や短大で今までの経験を活かし、教職アドバイザーとして活動中。高校受験の家庭教師もやっています。