岡山県

岡山県教員採用試験 倍率は岡山市より高い?低い?

 岡山県の倍率が知りたい。岡山市とどっちが受かりやすいのかな・・・。

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

本記事の内容は、

  1. 2018年倍率の講評
  2. 1次試験の倍率
  3. 2次試験の倍率
  4. 過去の倍率推移

です。

岡山県と岡山市は同時に採用試験を実施していたけど、今は別々に採用試験をおこなっています。

採用方針などで揉めたんでしょうか・・・。

まぁ、受験者からすると働く場所がある程度わかりやすくなったのでよかったのかな??

本記事を読むことで岡山県の状況や試験ごとの倍率を知ることができます。それによって、どんな試験対策をしなければいけないのかわかります。

岡山県教員採用試験 2018年(平成31年度)倍率の講評

岡山県の最終倍率は4.2倍でした。

過去の倍率と比べて2016年5.4倍→2017年4.8倍→2018年4.2倍なので、連続して倍率は下がっていることがわかりますね。

参考に中国地方の自治体と比べて、

  • 広島県 3.1倍
  • 鳥取県 3.2倍
  • 山口県 3.3倍
  • 岡山市 3.6倍
  • 島根県 4.3倍

と、なっており岡山県は中国地方の中で高倍率だったことがわかりますね。でも全国平均は4倍後半なので、全国平均で比べると平均程度です。

校種、科目ごとの倍率は、

校種 受験数 合格数 倍率
小学校 521 220 2.4
中学校 573 125 4.6
高等学校 600 70 8.6
特別支援 142 50 2.8
養護教諭 132 17 7.8
栄養教諭 44 1 44.0
全体 2012 483 4.2
小学校 受験数 合格数 倍率
一般枠 426 187 2.3
理数枠 20 7 2.9
英語枠 10 5 2.0
地域枠 65 21 3.1
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 46 21 2.2
社会 85 18 4.7
数学 92 21 4.4
理科 66 15 4.4
音楽 42 6 7.0
美術 21 2 10.5
保健体育 133 13 10.2
技術 4 2 2.0
家庭 11 5 2.2
英語 73 22 3.3
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 69 10 6.9
日本史 31 2 15.5
世界史 22 3 7.3
地理 12 2 6.0
数学 93 11 8.5
物理 22 3 7.3
化学 31 1 31.0
生物 29 2 14.5
音楽 13 2 6.5
美術 19 2 9.5
保健体育 93 3 31.0
家庭 32 4 8.0
英語 51 11 4.6
農業 9 3 3.0
商業 35 1 35.0
工業 23 7 3.3
情報 15 2 7.5
看護 1 1 1.0

と、なっています。

科目によっては高倍率の科目があります。ボーダーラインなども高くなるので、注意が必要です。

SPONSERD LINK

岡山県教員採用試験 1次試験の倍率

1次試験の平均倍率は2.1倍でした。

  • 岡山市 1.7倍
  • 広島県 2.0倍

と、比べるとやや高い結果となりました。

校種、科目ごとの倍率は、

校種 受験数 合格数 倍率
小学校 521 418 1.2
中学校 573 250 2.3
高等学校 600 169 3.6
特別支援 142 99 1.4
養護教諭 132 36 3.7
栄養教諭 44 6 7.3
全体 2012 978 2.1
小学校 受験数 合格数 倍率
一般枠 426 344 1.2
理数枠 20 15 1.3
英語枠 10 9 1.1
地域枠 65 50 1.3
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 46 38 1.2
社会 85 37 2.3
数学 92 42 2.2
理科 66 34 1.9
音楽 42 10 4.2
美術 21 4 5.3
保健体育 133 25 5.3
技術 4 4 1.0
家庭 11 8 1.4
英語 73 48 1.5
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 69 21 3.3
日本史 31 7 4.4
世界史 22 7 3.1
地理 12 6 2.0
数学 93 22 4.2
物理 22 7 3.1
化学 31 7 4.4
生物 29 6 4.8
音楽 13 6 2.2
美術 19 5 3.8
保健体育 93 12 7.8
家庭 32 8 4.0
英語 51 23 2.2
農業 9 7 1.3
商業 35 6 5.8
工業 23 15 1.5
情報 15 3 5.0
看護 1 1 1.0

と、なっています。

1次試験の傾向は、

を参考にしてください。

岡山県教員採用試験 2次試験の倍率

2次試験の平均倍率は1.9倍でした。

小学校は全体的に2次試験の倍率が高い傾向があり、その他の校種は1次試験の倍率が高い結果となっています。

どちらの試験対策に時間をかけて勉強しなくてはいけないのかわかりますね。

校種、科目ごとの倍率は、

校種 受験数 合格数 倍率
小学校 378 220 1.7
中学校 229 125 1.8
高等学校 162 70 2.3
特別支援 96 50 1.9
養護教諭 35 17 2.1
栄養教諭 5 1 5.0
全体 905 483 1.9
小学校 受験数 合格数 倍率
一般枠 308 187 1.6
理数枠 14 7 2.0
英語枠 7 5 1.4
地域枠 49 21 2.3
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 35 21 1.7
社会 35 18 1.9
数学 40 21 1.9
理科 28 15 1.9
音楽 10 6 1.7
美術 4 2 2.0
保健体育 24 13 1.8
技術 4 2 2.0
家庭 8 5 1.6
英語 41 22 1.9
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 21 10 2.1
日本史 6 2 3.0
世界史 7 3 2.3
地理 5 2 2.5
数学 22 11 2.0
物理 7 3 2.3
化学 7 1 7.0
生物 5 2 2.5
音楽 6 2 3.0
美術 5 2 2.5
保健体育 11 3 3.7
家庭 7 4 1.8
英語 21 11 1.9
農業 7 3 2.3
商業 6 1 6.0
工業 15 7 2.1
情報 3 2 1.5
看護 1 1 1.0

と、なっています。

最後に過去の倍率で合格率の推移を確認しておきましょう。

岡山県教員採用試験 過去の倍率推移

岡山県教員採用試験 倍率の推移

終わりに

倍率だけみると岡山県よりも岡山市の方が合格しやすい結果となりました。

だからといって岡山市に受験先を変えるようなことはダメですよ。

恐らくこの結果をみて一定数が岡山市に受験先を変えるはずです。と、なれば岡山県の倍率は減り、岡山市の倍率が高くなることが予測できますね。

最終的には面接試験があり志望動機を答える必要があります。働きたい方で受験することが大切です。

ABOUT ME
福永 真
大学卒業後、9年間中学・高校の社会科教諭として勤務。家庭の事情で退職後、某出版社へ就職。教員採用試験の担当を7年経験して41歳で独立。現在、大学や短大で今までの経験を活かし、教職アドバイザーとして活動中。高校受験の家庭教師もやっています。