使わなくなった参考書買取キャンペーン

岡山県教員採用 教養試験、最強の勉強法を紹介!目指せ7割超え

岡山県教員採用の教養試験を攻略していきます。

岡山県の教員を目指している人、どうも、福永( @kyosai365)です。

先日、こういったツイートをしました。

岡山県教員採用の教養試験を突破するポイントをわかりやすく解説しています。

上記の悩みや不安を抱えている人は参考にしてください。

まだ、岡山県の試験を全く知らない!って人は先に「岡山県教員採用 日程はいつ?合格するための情報まとめ」からチェックしてみてください。

岡山県教員採用の試験概要をまとめています。岡山県教員採用 内容を理解して合格するための準備をしよう|情報まとめ

▼教採に本気で合格したい方へ▼

岡山県教員採用 教養試験の傾向

教員採用の傾向

岡山県教員採用 教養試験の日程

月日
2020年 7月4日(土)
2019年 7月6日(土)
2018年 7月7日(土)
2017年 7月8日(土)

岡山県教員採用 教養試験の時間

試験時間 50分

岡山県教員採用 教養試験の問題数

問題数 25問
解答数 25個

岡山県教員採用 教養試験の科目

分野 科目 詳細



教育原理 学習指導要領や生徒指導など。論文や面接にも必要な科目。
教育法規 教育基本法や学校教育法などの法律や条例。
教育心理 心理的効果や学習相談の手法など。
教育史 日本、海外の教育に関する歴史。
教育時事 文部科学省や中央教育審議会に関する答申や通知など。

教職教養の特徴や勉強法は教員採用 教職教養まとめ|科目の特徴や勉強法を解説!をチェック!

岡山県教員採用 教養試験の難易度

難易度は普通です。

理由は、

  1. 出題パターンが決まっているので対策がしやすい。
  2. 空欄補充が多いためうろ覚えでも対応できる

の2つ。

しかし、時事系の出題が多く、1次試験の倍率も2倍を超えていることから対策は必須です。

岡山県教員採用 教養試験の出題例(過去問)

教員採用の過去問

岡山県教員採用 2019年(令和2年度) 教育時事

次の文章は、「第3期教育振興基本計画について(答申)」(平成30年3月8日 中央教育審議会)の一部である。( A )~( E )に当てはまる語句の組合せとして正しいものはどれか。

(一人一人の「( A )」を最大限高めるための一貫した教育の実現)
( B )によって近い将来多くの職種がコンピュータに代替されるとの指摘がある時代だからこそ、ICTを( C )使いこなす力だけでなく、他者と協働し、人間ならではの感性や創造性を発揮しつつ新しい価値を創造する力を育成することが一層重要になる。これからの教育は、こうした人間の「( A )」を最大化することを幼児期から高齢期までの生涯にわたる教育の一貫した理念として重視しなければならない。

初等中等教育においては、幼児期から( D )までを通じて育成を目指す資質・能力を、①「何を理解しているか、何ができるか(中略)」、②「理解していること・できることをどう使うか(中略)」、③「どのように社会・世界と関わり、よりよい生活を送るか(中略)」の三つの柱で整理するとともに、こうした資質・能力を社会や世界との接点を重視しながら育成する「社会に開かれた( E )」の実現を求めたところであり、その実現に向けての取組の着実な推進が重要である。

 

(左からA~Eの順)

1.可能性  インターネットの普及  主体的に  高等学校教育  学校
2.専門性  AIの発展       効率的に  高等学校教育  学校
3.可能性  AIの発展       主体的に  高等学校教育  教育課程
4.専門性  AIの発展       主体的に  中学校教育   教育課程
5.専門性  インターネットの普及  効率的に  中学校教育   教育課程

 

解答を確認する

岡山県教員採用 2019年(令和2年度) 教育原理

次の文章は、「生徒指導提要」(平成22年3月 文部科学省)の一部である。下線部A~Eについて正しいものを〇、誤っているものを×としたとき、その組合せとして正しいものはどれか。

(1) 生徒指導の基盤となる児童生徒理解
この方向付けをもう少し掘り下げると、生徒指導を進めていく上で、その基盤となるのは児童生徒一人一人についての(A)児童生徒理解の深化を図ることと言えます。一人一人の児童生徒はそれぞれ違った能力・適性、興味・関心等を持っています。また、児童生徒の(B)学力も将来の進路希望等も異なります。それ故、児童生徒理解においては、児童生徒を多面的・総合的に理解していくことが重要であり、学級担任・ホームルーム担任の日ごろの(C)人間的な触れ合いに基づくきめ細かい観察や面接などに加えて、学年の教員、教科担任、部活動等の顧問などによるものを含めて、広い視野から児童生徒理解を行うことが大切です。児童生徒理解は、一人一人の児童生徒を(D)客観的かつ総合的に認識することが第一歩であり、日ごろから一人一人の言葉に耳を傾け、その気持ちを敏感に感じ取ろうという姿勢が重要です。思春期の場合には、子どもから大人への急激な成長の変化をとげる時期であり、様々な不安や悩みを経験しながら自分自身を見付けていきます。これに加えて進学等による生活環境の急激な変化を受けている中学生・高校生の不安や悩みにも目を向け、児童生徒の内面に対する(E)専門的知識を持って生徒理解を深めることが大切です。

 

(左からA~Eの順)
1.〇〇〇×〇
2.×〇〇〇〇
3.〇××〇〇
4.×××〇×
5.〇×〇〇×

 

解答を確認する

岡山県教員採用 2019年(令和2年度) 教育法規

次の文は、学校保健安全法(昭和33年法律第56号)の一部である。( A )~( E )に当てはまる語句の組合せとして正しいものはどれか。

第27条 学校においては、児童生徒等の安全の確保等を図るため、当該学校の施設及び設備の安全点検、児童生徒等に対する( A )を含めた学校生活その他の日常生活における安全に関する指導、職員の研修その他学校における安全に関する事項について( B )、これを実施しなければならない。
第28条 ( C )は、当該学校の施設又は設備について、児童生徒の安全の確保を図る上で支障となる事項があると認めた場合には、遅滞なく、その改善を図るために必要な措置を講じ、又は当該措置を講ずることができないときは、( D )に対し、その旨を申し出るものとする。
第30条 学校においては、児童生徒等の安全の確保を図るため、児童生徒等の保護者との連携を図るとともに、当該学校が所在する地域の実情に応じて、当該地域を管轄する( E )その他の関係機関、地域の安全を確保するための活動を行う団体その他の関係団体、当該地域の住民その他の関係者との連携を図るよう努めるものとする。

 

1.通学  計画を策定し   職員  国及び地方公共団体  教育委員会
2.給食  教職員に周知し  校長  国及び地方公共団体  警察署
3.給食  計画を策定し   職員  当該学校の設置者   教育委員会
4.通学  計画を策定し   校長  当該学校の設置者   警察署
5.給食  教職員に周知し  校長  国及び地方公共団体  教育委員会

 

解答を確認する

解答

  • 2019年(令和2年度) 教育時事 3
  • 2019年(令和2年度) 教育原理 5
  • 2019年(令和2年度) 教育法規 4

CHECK IT

岡山県教員採用 教養試験で合格点をとるための勉強法

教員採用の勉強法

はじめに重要なことを言います。

勉強をはじめる前に傾向を確認しましょう

理由は自治体によって出題傾向が違うからです。

例えば、下記の図は東京都、大阪府、神奈川県、千葉県の科目別出題数を比較したものです。

科目 東京都 大阪府 神奈川県 千葉県
教育原理 8 9 8 13
教育法規 7 4 7 1
教育心理 4 1 6 1
教育史 1 1 1
教育時事 7 7
ローカル 3 7

自治体によって出題数も頻出科目も違いますよね。

勉強をする前に傾向を知っておかないと、何を優先的に勉強すればいいかが分からないのです。

だからこそ、勉強をはじめる前に傾向を確認しましょう。

岡山県教員採用 教養試験のポイント① 過去問分析をする

試験傾向を知るために、受験先の過去問を分析しましょう。

5年分ほど分析してみると、ある程度の傾向が見えてきます。

過去問を分析することで、

  • 科目ごとの出題数
  • 科目ごとの頻出分野

を把握することができます。

この2つが分かれば、簡単に勉強することができるので、早めに過去問を入手しましょう。

おすすめの過去問は協同出版が出している<岡山県の教員採用試験「過去問」シリーズ>です。

岡山県教員採用 教養試験のポイント② 科目ごとの出題数を知る

科目 2019年 2018年 2017年
教育原理 10 10 10
教育法規 7 5 5
教育心理 3 1 2
教育史 1 1 1
教育時事 4 8 6
ローカル 1

岡山県教員採用 教養試験のポイント③ 科目ごとの頻出分野を知る

下記の表は5年間で出題された教育原理の分野別出題数(一部抜粋)です。

分野 項目 2019 2018 2017 2016 2015
生徒
指導
生徒指導提要 2 2 2 2 1
教育相談 1 1 1
教育
方法
学習方法 1 1 1 1
学指 前文 1
総則 4 2 3 3 2
道徳教育 1
総合的な学習の時間 1
学習評価 1

生徒指導や学習指導要領(総則)から5年連続で出題されている傾向がありますね。

こういったデータがあれば勉強の負担がかなり減ると思いませんか。

はやめに過去問を分析して勉強すべき部分を見極めていきましょう。

他の科目についてはnote(別記事)に書いています。

noteの主な内容はこちら。

noteの内容

  • 過去問分析をする理由
  • 教養試験の負担が減る理由
  • 出題分野一覧

教員採用試験で最も重要なことは「効率よく勉強をする」ことです。

教養試験のほかにも対策しなくちゃいけないことってたくさんありますよね。

だからこそ時間は有効活用してくださいね。

CHECK IT

noteで続きを読む

岡山県教員採用の論文を書いています。岡山県教員採用 論文の勉強法|添削を受けまくる必要性 非公開: 岡山県教員採用 面接試験の傾向をズバッと解説!