埼玉県

埼玉県教員採用試験 倍率をみて、勉強計画をたてよう!

埼玉県の競争率(倍率)の詳細が知りたい。1次試験と2次試験って、どっちが難しいの・・・。

と、いった悩みを解決します。

どうも、福永です。

本記事の内容は、

  1. 2018年(平成31年度)倍率の講評
  2. 1次試験の倍率
  3. 2次試験の倍率
  4. 過去の倍率推移

です。

埼玉県は全国で3位の採用数です。

そのため倍率も低いと思いますか?

実は・・・埼玉県の倍率は全国的に見ると・・・です。

本記事を読むことで埼玉県の全体倍率から試験ごとの詳細まで知ることができます。

これから埼玉県の教員採用試験を受験する人や結果が知りたい人におすすめの内容です。

関連記事 埼玉県教員採用試験 概要~これから教員をめざす方へ

埼玉県教員採用試験 2018年(平成31年度) 倍率

全体倍率は4.3倍!

2016年4.4倍、2017年4.3倍と比べて変化がありませんでした。

関東圏の自治体と比べると、

・東京都2.9倍
・千葉県3.4倍
・茨城県3.2倍
・横浜市3.8倍
・神奈川県4.9倍

埼玉県は、高い傾向にあることがわかりますね。

校種ごとの倍率は、

受験数 合格数 倍率
小学校 2274 745 3.1
中学校 2139 343 6.2
高等学校 1767 321 5.5
特別支援 469 174 2.7
養護教諭 332 46 7.2
栄養教諭 80 11 7.3
合計 7061 1640 4.3

と、なっています。

昨年と比べて中学校のみ倍率が上がる結果となりました。(5.3倍→6.2倍)

科目ごとの倍率は、

科目 受験数 合格数 倍率
中学国語 279 45 6.2
社会 370 42 8.8
数学 292 43 6.8
理科 248 42 5.9
音楽 113 20 5.7
美術 43 14 3.1
保健体育 490 51 9.6
技術 37 13 2.8
家庭 35 11 3.2
英語 232 62 3.7
高校国語 194 55 3.5
地理歴史 207 29 7.1
公民 87 16 5.4
数学 237 34 7.0
理科 208 33 6.3
音楽 40 5 8.0
美術 41 5 8.2
保健体育 358 64 5.6
家庭 45 10 4.5
英語 157 52 3.0
書道 41 2 20.5
農業 21 1 21.0
商業 55 5 11.0
工業 28 4 7.0
情報 28 4 7.0
看護 3 1 3.0
福祉 17 1 17.0

と、なっています。
受験する科目・校種を確認しておきましょう。

SPONSERD LINK

埼玉県教員採用試験 1次試験の倍率

1次試験の平均倍率は2.2倍!

2.2倍ですか・・・同じ関東圏と比べて、

・さいたま市 1.9倍
・東京都1.8倍
・千葉県1.8倍
・神奈川県1.9倍
・栃木県1.9倍

高い傾向にありますね。

倍率が高いと、筆記試験の合格ラインも高くなってしまうので嫌ですよね・・・。

教員採用試験  埼玉県・さいたま市 筆記試験の傾向×難易度×過去問他」で傾向を書いているので確認しておきましょう。

校種ごとの倍率は、

受験数 合格数 倍率
小学校 2274 1390 1.6
中学校 2139 706 3.0
高等学校 1767 694 2.5
特別支援 469 331 1.4
養護教諭 332 90 3.7
栄養教諭 80 24 3.3
合計 7061 3235 2.2

と、なっています。

科目ごとの倍率は、

科目 受験数 合格数 倍率
中学国語 279 93 3.0
社会 370 78 4.7
数学 292 109 2.7
理科 248 79 3.1
音楽 113 40 2.8
美術 43 30 1.4
保健体育 490 100 4.9
技術 37 27 1.4
家庭 35 25 1.4
英語 232 125 1.9
高校国語 194 112 1.7
地理歴史 207 56 3.7
公民 87 32 2.7
数学 237 71 3.3
理科 208 66 3.2
音楽 40 20 2.0
美術 41 20 2.1
保健体育 358 128 2.8
家庭 45 20 2.3
英語 157 104 1.5
書道 41 8 5.1
農業 21 6 3.5
商業 55 14 3.9
工業 28 17 1.6
情報 28 11 2.5
看護 3 3 1.0
福祉 17 6 2.8

と、なっています。

自分の受験する校種・科目を確認しておいてください。

埼玉県教員採用試験 2次試験の倍率

2次試験の平均倍率は2.0倍。

1次試験を突破しても、まだ油断はできない倍率です。

同じ関東圏と比べて、

・さいたま市2.05倍
・東京都1.52倍
・千葉県1.87倍

・神奈川県2.4倍
・横浜市2.4倍

少し高い傾向がありますね。

校種ごとの2次試験倍率は、

受験数 合格数 倍率
小学校 1390 745 1.9
中学校 706 343 2.1
高等学校 694 321 2.2
特別支援 331 174 1.9
養護教諭 90 46 2.0
栄養教諭 24 11 2.2
合計 3235 1640 2.0

と、なっています。

科目ごとの2次試験倍率は、

科目 受験数 合格数 倍率
中学国語 93 45 2.1
社会 78 42 1.9
数学 109 43 2.5
理科 79 42 1.9
音楽 40 20 2.0
美術 30 14 2.1
保健体育 100 51 2.0
技術 27 13 2.1
家庭 25 11 2.3
英語 125 62 2.0
高校国語 112 55 2.0
地理歴史 56 29 1.9
公民 32 16 2.0
数学 71 34 2.1
理科 66 33 2.0
音楽 20 5 4.0
美術 20 5 4.0
保健体育 128 64 2.0
家庭 20 10 2.0
英語 104 52 2.0
書道 8 2 4.0
農業 6 1 6.0
商業 14 5 2.8
工業 17 4 4.3
情報 11 4 2.8
看護 3 1 3.0
福祉 6 1 6.0

1次試験と2次試験の倍率を見比べると、どっちの試験が難しいのがわかると思います。

例えば、高校地歴。

1次試験3.7倍
2次試験1.9倍

です。

圧倒的に1次試験が重要なので、筆記試験に比重を置いた学習計画をつくることが求められますよね。

逆に小学校であれば

1次試験1.6倍
2次試験1.9倍

なので、2次試験(面接)の対策に時間をかける計画を立てることで合格しやすくなります。

ぜひ、参考にしてください。

埼玉県教員採用試験 過去の倍率

埼玉県教員採用試験 小学校・特別支援学校・養護教諭・栄養教諭の倍率

埼玉県教員採用試験 倍率

埼玉県教員採用試験 中学校の倍率

埼玉県教員採用試験 倍率

埼玉県教員採用試験 高校の倍率

埼玉県教員採用試験 倍率

終わりに

全国的に採用数を抑制する動きが出始めています。

全国で採用数が3位のうちに合格できるよう、準備をしていきましょう。

ABOUT ME
福永 真
大学卒業後、9年間中学・高校の社会科教諭として勤務。家庭の事情で退職後、某出版社へ就職。教員採用試験の担当を7年経験して41歳で独立。現在、大学や短大で今までの経験を活かし、教職アドバイザーとして活動中。高校受験の家庭教師もやっています。