倍率

静岡県教員採用試験 倍率は浜松市、静岡市より低い?

静岡県教員採用試験 倍率

 静岡県の倍率って、静岡市や浜松市と比べて高いの?低いの?

と、いった質問に回答します。

どうも、福永です。

本記事の内容は、

  1. 2018年倍率の考察
  2. 1次試験の倍率
  3. 2次試験の倍率
  4. 過去の倍率

です。

静岡県内では、

  • 静岡県
  • 静岡市
  • 浜松市

の3か所で選考試験がおこなわれています。

働きたい場所で受験先を選ぶことが好ましいですが、静岡県内であれば合格しやすいところで受験したいっていう人もいるのではないでしょうか。

本記事は静岡県の倍率を浜松市や静岡市と比較しながら考察しています。ぜひ、参考にしてください。

静岡県教員採用試験 合格するために必要な情報まとめ


静岡県教員採用試験 2018年(平成31年度)倍率の講評

静岡県の最終倍率は3.8倍でした。

全国平均が4.5倍程度なので平均よりやや低い結果ですね。

過去の倍率と比べても、2016年4.4倍→2017年4.1倍→2018年3.8倍なので連続して下がっていることがわかります。

では、静岡市や浜松市と比べるとどうでしょうか。

2018年の静岡市、浜松市の最終倍率は、

  • 静岡市 3.4倍
  • 浜松市 3.8倍

で、ほぼおなじですね。

しかし、科目によっては10倍を超えるもの(高校保健体育や高校美術)もあるので、まずは自分が受験する科目の倍率を知っておきましょう。

科目、校種ごとの倍率は、

校種 受験数 合格数 倍率
小学校 746 272 2.7
中学校 583 160 3.6
高等学校 870 141 6.2
特別支援 389 123 3.2
養護教諭 145 25 5.8
全体 2733 721 3.8
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 66 25 2.6
社会 98 23 4.3
数学 78 23 3.4
理科 72 19 3.8
保健体育 129 22 5.9
音楽 39 9 4.3
美術 15 5 3.0
英語 67 27 2.5
技術 10 4 2.5
家庭 9 3 3.0
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 74 21 3.5
歴史 94 11 8.5
地理 14 4 3.5
公民 34 5 6.8
数学 114 19 6.0
物理 30 5 6.0
化学 43 9 4.8
生物 50 7 7.1
地学 7 1 7.0
保健体育 175 10 17.5
音楽 12 2 6.0
美術 14 1 14.0
書道 19 1 19.0
英語 75 18 4.2
家庭 14 3 4.7
農業 16 4 4.0
工業 34 8 4.3
商業 35 8 4.4
水産 4 1 4.0
福祉 12 3 4.0

と、なっています。

静岡県教員採用試験 1次試験の倍率

1次試験の平均倍率は2.1倍でした。

静岡市、浜松市の倍率は、

  • 静岡市 1.8倍
  • 浜松市 2.0倍

と、なっています。

静岡県、静岡市、浜松市の筆記試験は共通問題を使っています。結果だけを見ると静岡市が1番合格しやすい結果となっていますね。

もちろん受験者のレベルが違うので合格点などは違ってきますが目安にはなると思います。

校種、科目ごとの倍率は、

校種 受験数 合格数 倍率
小学校 746 480 1.6
中学校 583 296 2.0
高等学校 870 277 3.1
特別支援 389 212 1.8
養護教諭 145 50 2.9
全体 2733 1315 2.1
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 66 46 1.4
社会 98 44 2.2
数学 78 44 1.8
理科 72 35 2.1
保健体育 129 44 2.9
音楽 39 16 2.4
美術 15 10 1.5
英語 67 43 1.6
技術 10 7 1.4
家庭 9 7 1.3
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 74 39 1.9
歴史 94 22 4.3
地理 14 6 2.3
公民 34 10 3.4
数学 114 40 2.9
物理 30 9 3.3
化学 43 18 2.4
生物 50 18 2.8
地学 7 2 3.5
保健体育 175 20 8.8
音楽 12 4 3.0
美術 14 3 4.7
書道 19 3 6.3
英語 75 32 2.3
家庭 14 6 2.3
農業 16 6 2.7
工業 34 17 2.0
商業 35 16 2.2
水産 4 2 2.0
福祉 12 4 3.0

と、なっています。

高校歴史、公民、保健体育は1次試験の段階で人数がかなり絞られます。そのため筆記試験では高得点を取れるように勉強しておきましょう。

静岡県教員採用試験 2次試験の倍率

2次試験の平均倍率は1.8倍でした。

1次試験の倍率に比べると、2次試験の方が少し低いことがわかりますね。1次試験対策に少し時間を多くかけて対策しましょう。

静岡市、浜松市の倍率は、

  • 静岡市 1.9倍
  • 浜松市 1.8倍

と、なっています。

校種、科目ごとの倍率は、

校種 受験数 合格数 倍率
小学校 480 272 1.8
中学校 296 160 1.9
高等学校 277 141 2.0
特別支援 212 123 1.7
養護教諭 50 25 2.0
全体 1315 721 1.8
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 46 25 1.8
社会 44 23 1.9
数学 44 23 1.9
理科 35 19 1.8
保健体育 44 22 2.0
音楽 16 9 1.8
美術 10 5 2.0
英語 43 27 1.6
技術 7 4 1.8
家庭 7 3 2.3
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 39 21 1.9
歴史 22 11 2.0
地理 6 4 1.5
公民 10 5 2.0
数学 40 19 2.1
物理 9 5 1.8
化学 18 9 2.0
生物 18 7 2.6
地学 2 1 2.0
保健体育 20 10 2.0
音楽 4 2 2.0
美術 3 1 3.0
書道 3 1 3.0
英語 32 18 1.8
家庭 6 3 2.0
農業 6 4 1.5
工業 17 8 2.1
商業 16 8 2.0
水産 2 1 2.0
福祉 4 3 1.3

と、なっています。

SPONSERD LINK

静岡県教員採用試験 過去の倍率推移

静岡県教員採用試験 過去の倍率

終わりに

静岡県、静岡市、浜松市の倍率をみると比較的差はないことがわかりましたね。

採用数や募集科目は違っているので必ず実施要項を確認しましょう。

まずは試験対策が難しい筆記試験の対策からスタートしましょう。

静岡県教員採用試験 合格するために必要な情報まとめ

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。