栃木県

栃木県教員採用試験 集団討論、発言できないと不合格

栃木県教員採用試験 集団討論の傾向

集団討論ってどんなことするのか不安です・・。傾向を教えて!

と、いった不安を解消します。

どうも、福永です。

本記事の内容は、

  1. 集団討論の傾向
  2. 集団討論の内容
  3. 集団討論の評価基準

です。

集団討論では発言して、人の意見を聞くことが大切です。

と、いうのもグループ試験なので1人だけがんばっても意味がないんですね。ちゃんとグループで協力できているか、歩み寄ることができているかが重要。

そのため他の受験者の意見にも耳を傾けて一生に考えていくことが大切な試験です。

本記事を参考にして集団討論の傾向や流れを理解していきましょう。

栃木県教員採用試験 集団討論の傾向

集団討論は2次試験に実施されます。

集団討論は簡単にいえば「テーマについてグループで意見交換をしながら課題を解決する試験」です。

試験の流れは、

  1. 試験のまえに討論テーマが発表
  2. テーマについて自分の考えをまとめる(5分)
  3. 討論に関する注意事項の提示
  4. 集団討論を行う

です。

集団討論の詳細は、

時間 40分程度
人数 10人
面接官 4人

と、なっています。

面接官には民間企業の人事担当者や行政職員も含まれているので覚えておきましょう。

集団討論の注意点

  1. 発言は短く具体的に(1分以内)
  2. メモ用紙は試験後回収される(評価には影響しない)
  3. 司会は立てずに行うこと。
SPONSERD LINK

栃木県教員採用試験 集団討論のテーマ

・いつも仲の良いAとBですが,ある時AがBをからかっていました。その様子を一度担任が見ていましたが,その時は注意をしませんでした。また別の日に同じことをしていました。あなたはBに話を聞きますか、聞きませんか。

・仲良しのAとBがいます。AとBが遊んでいる様子を見ると,BがAをからかっていました。翌日,AとBが遊んでいる様子を見ていると,またBがAをからかっていました。

しかし,Aは嫌な様子をみせていません。あなたは様子を見ますか。それともAに声をかけますか。立場を明確にして討論してください。

・A君とB君は仲良しです。B君が転校するため,A君はB君との思い出作りにマラソン大会に出ようとしています。A君はあなたに、一緒に走るべきか,それとも優勝を目指すべきかと相談してきました。あなたはどのように対応しますか。ただし,A君には優勝する力は十分にあるとします。

栃木県教員採用試験 集団討論の評価基準

集団討論の評価はA~Eの5段階評価です。

評価項目は、

  • 協調性
  • 態度
  • コミュニケーション能力

です。

集団討論では、まったく発言しない(できない)受験者や自分の意見を押し通そうとする受験者がいます。

前者は大学生に、後者は30代~の受験者が多いですね。

はじめにも書きましたが集団討論は個人の評価とグループの評価があります。1人だけがんばっても総合評価が上がることはないです。

自分勝手な受験者がいたときの対応力も必要ということですね。

終わりに

集団討論でD,E評価がつくと不合格となります。

グループのメンバーも大学生、教員経験者、民間社会人など関係なく組まれます。自分より年上と対等に話すことができるのか、練習しておきましょうね。

本ブログでは、他にも

栃木県の情報を配信しています。ぜひ、参考にしてください。

ABOUT ME
福永 真
大学卒業後、9年間中学・高校の社会科教諭として勤務。家庭の事情で退職後、某出版社へ就職。教員採用試験の担当を7年経験して41歳で独立。現在、大学や短大で今までの経験を活かし、教職アドバイザーとして活動中。高校受験の家庭教師もやっています。