使わなくなった参考書買取キャンペーン

徳島県教員採用 論文の勉強法|書けば書くほど上達します。

徳島県教員採用の論文試験についてまとめています。

徳島県の教員を目指している方、どうも、福永( @kyosai365)です。

論文試験でこういった悩みや不安がありませんか。

香川

論文の試験時間や文字数ってどれくらいなの?
出題されたテーマが知りたいな。

高知

愛媛

論文の勉強で効果的な方法が知りたい。

実は試験で1番、受験者の中で差がでやすい試験が論文なんです。

でも、多くの受験者は勉強を後回しにしてしまいがち。

いざ、勉強を始めようと思っても、手遅れってことはよくあります。

本記事を読めば手遅れになることはありませんよ。

この記事は徳島県教員採用の論文試験に関する情報をまとめています。

まだ徳島県の試験をよく知らないって人は先に徳島県教員採用 倍率に惑わされるな!合格するための情報まとめをチェックしましょう!

徳島県教員採用 倍率に惑わされるな!合格するための情報まとめ

徳島県教員採用 論作文の傾向

最近の傾向は、児童・生徒に身につけさせたい力を具体的に書かせる出題です。

当然、自分の経験や教育観などを踏まえて書き上げる必要があるため、受験者の中でも差が出やすい。

過去の出題(下記参照)をもとに1度書いてみて、添削を受けてみましょう。

徳島県教員採用 論作文の試験時間

試験時間 80分

徳島県教員採用 論作文の文字数

文字数 800字

徳島県教員採用 論作文の勉強法

論作文の勉強法に対する僕の意見はこうです。

はやめに添削者を探すようにしましょう。

後からだと他の受験者も同様に探すので満足いくまで指導を受けれない可能性があります。

自分の実力を早めに知ることが大切

大事なことを言います。

論文の点数をつけるのは、添削者(プロ)です。

つまり、自分がどれだけ頑張って文章を書こうが、いいことを書こうが意味がないのです。

「自分は書ける!」と思っても点数をつけるのは添削者なので、「書ける」と思うことが意味のないことなんですね。

早めに添削を受けよう

添削を受けることで、自分の実力を知れますよね。

それによって、

  • 知識不足なのか
  • 文章力がダメなのか
  • どちらも不足しているのか

と、いった現状を把握することができます。

現状がわかれば、実力に応じた対策が可能なので早めに添削を受ける必要があるのです。

教員採用 論文でおすすめのテキスト「教員採用試験 差がつく論文の書き方

男性B

正直、論文の書き方すらわからないんだけど・・・

って、人は「教員採用試験 差がつく論文の書き方」がおすすめです。

実際に書かれた論文をもとに添削をしながら解説している参考書です。

どういった文章がよくて、どんな文章が悪いのかがわかります。

CHECK IT

論作文でおすすめの予備校「資格の学校TAC「教採対策講座」

先日、こういったツイートをしました。

これに関していえば、おすすめできる予備校は<資格の学校TAC「教採対策講座」>です。

資格の学校TAC「教採対策講座」

理由は、

  • 添削指導が無制限に受けられる
  • 低価格
  • 講師の質

の3点。

実際10万円ほどで論作文の添削指導に加えて面接対策も無制限でやってくれるので面接試験重視の現状では1択ですね。

通信講座でも受講できますよ!

資格の学校TAC「教採対策講座」をチェック

徳島県教員採用 論作文の出題例(過去問)

2015年(平成28年度)以降の出題をまとめています。

参考にして書いてみましょう!

徳島県教員採用 2019年(令和2年度)の論文

昨今,答えのない課題に取り組むことが多くなっているが,それに向かっていくために,子どもたちに付けさせたい力はどのようなものか。また,その力を付けさせるために,どのような教育活動を行っていきたいと考えるか。具体的に述べなさい。

徳島県教員採用 2018年(平成31年度)の論文

あなたが教員として、これからの社会を生きる児童生徒に最も身に付けさせたい力は何ですか。また、そのために、どのような教育実践に取り組みますか。具体的に述べなさい。

徳島県教員採用 2017年(平成30年度)の論文

あなたは、社会情勢がめまぐるしく変化する今、どのような力を高めていこうと考えますか。また、それを教育実践にどう生かしていきますか。具体的に述べなさい。

徳島県教員採用 2016年(平成29年度)の論文

徳島教育大綱(平成27年12月)では、基本方針として「とくしまの未来を切り拓く、夢あふれる『人財』の育成」があげられています。このことを踏まえ、あなたは、どのような教育実践を行いますか。具体的に述べなさい。

徳島県教員採用 2015年(平成28年度)の論文

次期学習指導要領でも、「アクティブ・ラーニング」などの、児童・生徒が主体的に活動しながら学ぶ学習形態・指導方法が重視されています。今、それが重視される背景を踏まえ、あなたはどのような教育実践を行いますか。具体的に述べなさい。

徳島県教員採用 論文まとめ

この記事は徳島県教員採用の論文試験についてまとめていました。

論文を上達するには、とにかく書きまくって、添削を受けることです。

1人では上達することは難しいです。

はやめに添削してもらえる環境を作っておきましょう。