倍率

徳島県教員採用試験 倍率を確認して、合格への準備をしよう

徳島県教員採用試験 倍率

 徳島県って倍率はどのくらい?詳しく教えてほしいな。

と、いった相談に答えます。

どうも、福永です。

本記事の内容は次のとおり。

  1. 2018年倍率の講評
  2. 1次試験の倍率
  3. 2次試験の倍率
  4. 倍率の推移

本記事を読むことで最新の倍率や倍率推移を知ることができます。

試験勉強をはじめるまえに倍率を確認することは大切です。

科目によっては数十倍になることもあるので、どうしても教員になりたいなら他の自治体に優先順位を変えることもできるからです。

例えば徳島県の小学校は3.1倍です。どうしても小学校の先生になりたければ倍率1.2倍の新潟県を受けたほうが合格の確率はあがりますよね。

まずは自分の志望する科目の倍率を確認してみましょう。それではご覧ください。


徳島県教員採用試験 2018年(平成31年度)倍率の講評

徳島県の最終倍率は4.6倍でした。

過去の倍率と比較すると、

  • 2016年 5.5倍
  • 2017年 5.3倍
  • 2018年 4.6倍

で、直近では1番低い倍率となりました。

四国内の自治体と比較すると、

  • 香川県 4.8倍
  • 愛媛県 2.9倍
  • 高知県 7.1倍

と、なっています。

校種・科目ごとの倍率は、

受験数 合格数 倍率
小学校 370 118 3.1
中学校 281 53 5.3
高等学校 320 38 8.4
特別支援 63 25 2.5
養護教諭 97 12 8.1
栄養教諭 14 3 4.7
全体 1145 249 4.6
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 35 8 4.4
社会 60 9 6.7
数学 39 8 4.9
理科 26 6 4.3
音楽 16 3 5.3
美術 6 1 6.0
保健体育 65 8 8.1
技術 6 1 6.0
家庭 3 1 3.0
英語 25 8 3.1
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 32 4 8.0
地理歴史 34 4 8.5
公民 21 1 21.0
数学 56 6 9.3
物理 11 1 11.0
化学 14 2 7.0
生物 15 2 7.5
地学 3 2 1.5
音楽 9 1 9.0
美術 5 1 5.0
書道 6 1 6.0
保健体育 58 3 19.3
家庭 8 1 8.0
英語 17 3 5.7
農業 7 2 3.5
商業 8 1 8.0
工業 12 2 6.0
水産 3 1 3.0
福祉 1 0

です。

高校公民21倍、高校保健体育19.3倍のように難易度高めの科目もあります。はやめに対策をはじめましょう。

徳島県教員採用試験 1次試験の倍率

1次試験の平均倍率は2.4倍でした。

1次試験の内容が知らないよ・・・って人は「徳島県 教員採用試験 試験日程×試験内容」で確認しておいてくださいね。

他の自治体と比較すると、

  • 香川県 2.3倍
  • 愛媛県 2.2倍
  • 高知県 2.0倍

で、一応1番高い倍率となっています。

でも2人に1人合格できるから、そんなに驚くことはありませんよ。傾向を理解して対策をしていきましょう。

校種・科目ごとの倍率は、

受験数 合格数 倍率
小学校 370 178 2.1
中学校 281 117 2.4
高等学校 320 114 2.8
特別支援 63 48 1.3
養護教諭 97 21 4.6
栄養教諭 14 8 1.8
全体 1145 486 2.4
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 35 16 2.2
社会 60 22 2.7
数学 39 16 2.4
理科 26 12 2.2
音楽 16 6 2.7
美術 6 3 2.0
保健体育 65 23 2.8
技術 6 2 3.0
家庭 3 3 1.0
英語 25 14 1.8
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 32 12 2.7
地理歴史 34 12 2.8
公民 21 6 3.5
数学 56 15 3.7
物理 11 4 2.8
化学 14 6 2.3
生物 15 7 2.1
地学 3 3 1.0
音楽 9 4 2.3
美術 5 3 1.7
書道 6 3 2.0
保健体育 58 10 5.8
家庭 8 3 2.7
英語 17 11 1.5
農業 7 4 1.8
商業 8 3 2.7
工業 12 6 2.0
水産 3 1 3.0
福祉 1 1 1.0

です。

徳島県教員採用試験 2次試験の倍率

2次試験の平均倍率は2.0倍でした。

数値としては微妙だけど1次試験の方が難易度高めという結果になっていますね。

だからといって筆記試験の勉強だけやっていては合格することはできません。

まだ2倍ありますからね。それなりに対策をする必要があります。

校種・科目ごとの倍率は、

受験数 合格数 倍率
小学校 178 118 1.5
中学校 117 53 2.2
高等学校 114 38 3.0
特別支援 48 25 1.9
養護教諭 21 12 1.8
栄養教諭 8 3 2.7
全体 486 249 2.0
中学校 受験数 合格数 倍率
国語 16 8 2.0
社会 22 9 2.4
数学 16 8 2.0
理科 12 6 2.0
音楽 6 3 2.0
美術 3 1 3.0
保健体育 23 8 2.9
技術 2 1 2.0
家庭 3 1 3.0
英語 14 8 1.8
高等学校 受験数 合格数 倍率
国語 12 4 3.0
地理歴史 12 4 3.0
公民 6 1 6.0
数学 15 6 2.5
物理 4 1 4.0
化学 6 2 3.0
生物 7 2 3.5
地学 3 2 1.5
音楽 4 1 4.0
美術 3 1 3.0
書道 3 1 3.0
保健体育 10 3 3.3
家庭 3 1 3.0
英語 11 3 3.7
農業 4 2 2.0
商業 3 1 3.0
工業 6 2 3.0
水産 1 1 1.0
福祉 1 0

と、なっています。

SPONSERD LINK

徳島県教員採用試験 倍率の推移

徳島県教員採用試験 倍率の推移

終わりに

科目によってどこに時間をかけて対策をすればいいか変わってきます。

例えば高校英語、

1次試験 1.5倍
2次試験 3.7倍

で、圧倒的に2次試験(面接)対策に時間を割く必要がありますよね。

でも、養護教諭だと

1次試験 4.6倍
2次試験 1.8倍

です。どうみても1次試験(筆記)に力を書けないとダメですよね。

どうしても試験=筆記試験!っていう人が多いけどそれでいいのか。考える必要がありそうですね。

徳島県教員採用試験 教養試験は一般教養の攻略が最重要

ABOUT ME
アバター
福永 真
42歳 関東圏在住/大卒→中学・高校教員(社会科)→教育出版業を経て教職コンサルタントとして躍進中。教育問題の課題、解決に向けたセミナーを開催・企画しています。