東京都

東京都教員採用試験 集団面接って、集団討論なの?傾向は?

 東京都の集団面接って、どんな試験?

 集団面接だけど、討論なの?

 傾向が知りたい

と、いった疑問を解決します。

2次試験の倍率は2倍を超えています。

そのため、何も対策をしなければ普通に不合格となるので注意が必要です。

とくに集団面接は個人面接と違って、気を付けておかなければいけないポイントが多くあります。

本記事を読むことで東京都の集団面接の傾向や気を付けるべきポイントがわかります。

あとは、練習するだけで対策はOKですね。

東京都教員採用試験 集団面接の傾向

東京都教員採用試験 集団面接の傾向

実は・・・集団面接ではなく、集団討論が実施されます。

実施要項の試験内容を見ると、「集団面接」と記載があります。しかし、内容は『集団討論』なので注意しましょう。

1グループ5名、試験官3名で行われます。試験時間は40分。

試験の流れは、

①テーマの発表

②自分の考えをまとめて、発表する

③出た意見について全員で討論、まとめる

と、なっています。

どうです?どこが集団面接や!!って、なりますよね。

①テーマの発表

まず、面接官より「受験者間で話合う」テーマが発表されます。

話合うテーマは、

 基本的な生活習慣に関すること

 他人や思いやる心や生命を尊重する心に関すること

など、があります。

②自分の考えをまとめて、発表する

テーマが発表されると、2分間考える時間が与えられます。

考えるときのポイントは2点。

『自分の考えを必ず入れること』

『具体的に考えること』

が、求められます。

考えた人から意見を1分30秒で発表します。

時間が決まっているので、時間オーバーには注意が必要です。『時間内にまとめる力』も評価されていると思いましょう。

出た意見について全員で討論、まとめる

全員が意見を出し終えたら、出た意見に対して話合いを行います。

最終的にグループの意見を1つにまとめて終了します。

討論の時間は20分程度です。当然ですが、時間内にまとめることができないと評価は下がるので気をつけましょう。

SPONSERD LINK

終わりに

東京都の集団面接(討論)について情報をお届けしました。

実際に集団討論ってなると、なにをやっていいのかわかりませんよね。

教員採用試験 集団討論で不合格になる人の共通点とは」に詳しく対策方法を書いています。時間をみつけて読んでください。

ABOUT ME
福永 真
大学卒業後、9年間中学・高校の社会科教諭として勤務。家庭の事情で退職後、某出版社へ就職。教員採用試験の担当を7年経験して41歳で独立。現在、大学や短大で今までの経験を活かし、教職アドバイザーとして活動中。高校受験の家庭教師もやっています。